結納と顔合わせ

結納とは

 婚約の成立を公にし、結婚を誓約する日本の伝統的セレモニーです。
 結納品には、長寿・純潔・幸福・繁栄・円満等の願いがこめられた縁起物です。
 ご令嬢又はご子息様をもらい受けるに際し、今日まで大切に育ててくださったご両親様に誠意と感謝の気持ちをこめて贈られるものです。

顔合わせとは

 近年、結納ではなく『顔合わせ』という言い方をされる方が多くなりました。
 顔合わせとは、二通りの意味が考えられます。

◇結納前の顔合わせ
結婚が決まってから両家が挨拶を兼ねて開く食事会。
結納や今後の段取りについて話し合い親睦をふかめるもの
◇結納代わりの顔合わせ
結納品は用意せず、婚約指輪などの記念品を交換し、お互いの家族紹介し食事会をする、会食中心のもの

結納のうつり変わり

結納の儀式は、日本古来より行われている婚約の形式です。
昔は、「云納」といって婚姻を申し込むという意味でしたが、現在は「結納」と呼ぶ様になりました。その意味は、契約(結)を受け(納)て下さいと言う事です。

昔の結納は、嫁方の披露宴であって、嫁方の家族、親戚、知人に婿方の両親、親戚代表、仲人を向かえ、結納の取り交せを行っていました。現在では、結婚式が御両家合同で行って居りますので、結納は本人、両親、仲人等、少人数で取り行っています。
最近では、仲人無しと言う方も多くなって来ている様です。
 御両家だけですので昔程堅苦しく無く、結納を行うことによって、今後親戚としてのお付き合いが始まる第一歩となり、結納が済んだ事により、親戚、職場、友人等に報告できる大切な儀式と言えるでしょう。
また、近年『顔合わせ』と、いう言い方をされる方が多く感じます。
 このとき、結納金のみをお渡しになることが多いようです。
 どんなに略式であっても、後でしこりが残らぬよう相手様のことを考えて行いたいものです。

結納の意義

結納は婚約を確認する大切な儀式です。
結納品には幸福への願いが込められています。長寿・発展・繁栄・円満等縁起の良い名を付けた品に、結納金、目録を添えます。

結納の日取り

最近は気にしない方も居られますが、昔から祝い事は吉日に行う方が良いとされています。結婚や結納などは大安が最良の吉日です。

先勝
この日は急いで実行することが良いとされています。
友引
この日は婚礼には大安と同様に良いとされています。殊に夕刻は吉といわれています。
先負
この日は婚礼の様な静かなものは良いとされており、殊に午後は大吉といわれています。
仏滅
この日は昔から何事にも良くないといわれておりますが、最近ではこだわらない方々が多くなりました。
大安
どなたでも知っている、いわゆる大安吉日で最良の日です。
赤口
この日は正午を中心に良い日とされています。
※ 参考カレンダーを掲載しますが、六曜はあくまで俗信ですので、あまりこだわらないのが賢明かと存じます。

結納品について

結納品は、一般に九品目、七品目、五品目など、割り切れない奇数の品で、以下のようなものがあります。是非、結納品勝月堂の結納品もご覧ください。

目録
持参する品数を書いたもの。
熨斗(のし)
我が国は四方を海に囲まれて、神代の昔から山の幸、海の幸に恵まれている為、魚介類を尊ぶ傾向があり、品物を贈る場合「ひねり熨斗」と称し、鰹、鯣等を干したものを紙に包んで贈る風習がありました。
室町時代の中期より他家に品を贈る時に熨斗を付けるように武家の間で広がりました。熨斗はあわびの肉を長くのばしたもので延命に通じ、長生不死の薬といわれ、めでたい儀式に祝肴としてかならず添え、祝ったものです。
寿栄廣(すえひろ)
末広は「すえひろがり」で先に行くほど広がり、二人の幸せと両家の繁栄を祝う。
御帯料
婿方から贈る結納金嫁、方から贈る場合は『御袴料』とします。他に、小袖料や御恵福とするところもあります。
友白髪(ともしらが)
友白髪は、ともに白髪になるまで夫婦仲良く、添い遂げる様にと言う意味があります。友白髪は白麻を使用致します。
寿留女(するめ)
寿留女は日持ちが良く、噛めば噛むほど味が出ておいしく、この様な嫁に、夫婦になってほしいという意味。
子生婦(こんぶ)
昆布は祝い事には欠かせない酒の肴として昔から珍重され、保存食としても大切にされました。子孫繁栄、喜ぶという意味
勝男節(鰹節)
鰹は昔から勝ち魚として祝事に使われました。
家内喜多留(清酒)
家内喜多留は家の中に喜びが多く、いつまでも続く様にと言う意味があります。昔は祝い事には家内喜多留を持参しましたが、現在でも神事、祝事にはかならず清酒を持参します。
鮮魚
鯛雌、雄、二匹を贈ったが、今では鮮魚料としてお金を包むのが一般的です。酒肴料を鮮魚料として贈ってもよいです。
上記の他
* 指輪飾(優美和)
* 家族書、親族書、毛氈、風呂敷
* 御佛前(線香・ローソク)、お菓子
(御仏壇のあるお宅へ、ご先祖様へのご挨拶の意味で持参します)
* 多喜茶(中越・上越地方の場合)

結納式の進め方

結納は各地域によって習慣、形式が異なりますが、概ね以下のような流れで進められます。

当日交換

結納当日両家で結納品、又は受書(受ける側は同じ品数か一段控え目にする)を用意して取り交わします。

後日返礼

当日は結納を受けるだけにして、日を改めて先方様に結納返しの品物を納めます。

ご挨拶の口上

新郎の父
この度は、かねてから交際がありました二人の結婚を承諾いただきましてありがとうございました。私どもよりご婚約の印として結納の品を持参いたしました。幾久しくお納め下さいます様お願い申し上げます。
新婦の父
本日は誠にご丁寧なお言葉を賜り又結構な御結納の品々を頂戴いたしましてありがとうございます。幾久しくお受け致します。
仲人
本日は御両家様誠におめでとうございます。これより仲人として御結納のお取りつぎをさせていただきます。
お二人のご婚約の印として○○家様の御結納の品、目録にしたためてございますので、お改めの上幾久しくお納め下さいます様お願い申し上げます。

結納式返しについて

一般的に結納当日に受書を用意します。
他に記念品、袴料、寿栄廣等を返礼として結納を受けた後に差し上げます。
※ 結納品を揃えて両家で交換する方法もあります。

結納金の目安

結納金は男性側からは「御帯料」、女性側から「御袴料」として贈ります。かつての金額の目安は月収の二〜三ヶ月分といわれますが、現在は、地域差が若干あるものの半返しの場合は、三十万、五十万というケースが半数以上を占めるようです。

結納日の服装

結納は大切な儀式ですので、礼服または略礼服を着用しますが、今日では略礼服が大半を占め、男性本人はダークスーツに白のワイシャツ、フォーマルな柄のネクタイ、女性は洋服ならセミフォーマルなワンピース、和装なら振り袖か附け下げなどが適当でしょう。
媒酌人は、略礼服またはダークスーツに白のワイシャツ、女性は一つ紋か附け下げ程度にします。
両家は本人同様あらたまった装いにします。

結納の費用

会食代、媒酌人への車代など、結納式にかかった費用は、双方で折半するのが原則ですが、新潟の場合は、嫁方が負担する例がほとんどです。また婿方は、その分を鮮魚料に加算して贈る場合もあるようです。